トリガーポイント 接骨院 春日井 上条町 交通事故 むちうち 腰痛 変形性膝関節症 五十肩 肩こり マッサージ

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
0568-37-1871
  1. Home
  2. トリガーポイント
PC用メインイメージ スマホ用メインイメージ

トリガーポイント療法torigger point

トリガーポイントとは

    筋肉の奥でしこり状になって、手で触るとコリコリする部分が出来る時があります。
    簡単に言うとその「しこり」がトリガーポイント です。
    その「しこり」が弾きがねとなって、身体の様々な部位に痛みを起こすことから トリガー(引き金)ポイント と呼ばれています。

    では、このトリガーポイントはなぜできるのでしょうか?

    無理な姿勢などをとることで、筋肉に過度な負担がかかり、血行不良などが起こって、
    筋肉がこわばってしまうのが“コリ”です。コリは、もんだり温めたりすると治ります。

    一方、コリコリ(トリガーポイント)の場合、一つのこりが緊張することに端を発して、これに 関係する周辺の筋肉を次々に緊張させ、固着してしまった状態です。

    無理な姿勢を続けるなど、慢性的に筋肉に異常が起こっていると、
    神経がずっと痛みの信号を送り続けることになります。

    PC用メインイメージ                                     スマホ用メインイメージ

    トリガーポイントを放置しておくと、関連痛域を緊張させることによって当該部位に新たな トリガーポイントを生み出してしまいます。筋から筋へと緊張が連鎖する結果、慢性痛を複雑かつ 長引かせることになります。慢性痛の治療には、この連鎖を突きとめて、早い時期にキー となるトリガーポイントを取り除くことが大切です。

    筋肉をもんだり温めたりすると、コリの痛みは取れますが、
    トリガーポイントによる痛みはとれないのです。

    コリコリが進んだ場合は、トリガーポイントはさらに激しい興奮状態になり、
    痛みの信号を連射します。すると、たくさんの信号を受け取った脳は混乱状態におちいり、
    脳は、信号がきた場所を間違って判断してしまいます。

    その結果、本当に痛む場所とは違う場所を痛いと感じてしまうのです。
    「もんでも温めても治らない頑固なコリ」と思っていた痛みのほとんどは、
    脳の錯覚の痛み、つまり「幻」だったのです。

    PC用メインイメージ                                       スマホ用メインイメージ
交通事故専門の案内なら交通事故病院 整骨・接骨・鍼灸院の案内なら整骨ガイド
Copyright(C) レスポンシブHPテンプレート no.007 All Rights Reserved.